生理中やおりものなどのデリケートゾーンの臭いが気になる

生理やおりものなどのデリケートゾーンの臭いが気になることはありませんか。

生理中にナプキンを使っている方は、経血や分泌物がそこに付着するので、臭ってしまうのは仕方ありません。

ただ、そういった臭いではなく、おりものがチーズや生臭い魚のような臭いだったら病気が考えられます。

デリケートゾーンの病気というと性病と考えて、恥ずかしくて病院にいけない方が多いかもしれません。

もしそうであっても病気は放っておいたら重症化して大変なことになるかもしれないので、羞恥心よりも早期通院が重要です。

おりものがチーズ臭いといったデリケートゾーンの臭いの場合、性病ではなくカンジダ膣炎という病気のケースが多いです。

 気になったら婦人科の受診を

カンジダ菌とは私たちの体に普通に存在する常在菌で通常であれば私たちの体に悪さは働きません。ただ、風邪をひいたり妊娠したりなど免疫力が低下した状態になると、カンジダ菌が繁殖し、カンジダ膣炎となるのです。

カンジダ膣炎となるとデリケートゾーンの臭いというよりは、おりものからチーズや魚のような生臭い臭いがします。

色は白や黄色などで量が増えたり、場合によっては酒粕のような状態になることもあります。

また、かゆみを伴うのが特徴で、ひどくなると耐えられないほどのかゆみに襲われることもあるほどです。

症状が軽ければ自然に治癒しますが、多くの場合は婦人科での治療が必要になります。

おりものが臭ってデリケートゾーンにかゆみを伴う場合、カンジダ膣炎が疑われますので、恥ずかしがらずに婦人科を受診してください。

デリケートゾーンの臭いケアの方法が参考になりました。
 
 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP