ヒアルロン酸注入の効果と持続期間

見た目を改善したいけれど、メスを使った手術には抵抗があるという人に人気なのが、ヒアルロン酸の注入です。

皮膚のたるみが気になる人が、美しくなるための手段として、たるんでいる場所にヒアルロン酸を注射すという方法があります。

口元のほうれい線や、目尻の小じわ、目の下のたるみなどにヒアルロン酸を注射して、しわやたるみが目立たないようにします。

お肌にできたしわやたるみを少なくするために、ヒアルロン酸を皮下に注入して、内側から皮膚を持ち上げます。

ヒアルロン酸を注入することで、たるみが減ったり、しわが浅くなったりという効果が得られるわけです。

施術後すぐに効果が確認できることが、ヒアルロン酸注入の魅力です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は硬さによってもちが違う

ヒアルロン酸はもともと体の中にある成分であるので、安全性が高く副作用はほとんどないので、安心して利用できます。

ただし、ヒアルロン酸を皮膚に注射しても、半年程度で分解されてなくなってしまうので、定期的な施術が必要になります。

美容施術に用いるヒアルロン酸は、施術のやり方によって違うものを使います。

ヒアルロン酸には硬いものや、柔らかいものがあり、硬いヒアルロン酸は、あこや鼻の形を変えたり、豊胸手術をする時に使います。

硬いヒアルロン酸を使っての美容施術は、1年くらいは効果が続くこともありますが、そこどまりです。

ヒアルロン酸の注入法は安価で施術に時間もかからず、軽い気持ちで受ける人が大勢いますが、何度も何度も受けていると、皮膚がしこりになってしまう可能性もあるようです。

 
http://www.calcioitaliano24.com/が参考になりました。
 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP